強みがコスパの場合、どうPRするか。"IKEA"を事例に解説。

最近、ちょっとした空き時間でキャップ投げの練習をしている小泉です。わっきゃいの動画を見て、勉強しております。さて今日は、「自社の強みがコスパだったら、どうPRするか」このテーマでお送りします。僕のクライアントさんでも強みが分からないとか、コスパが強みだとおっしゃる方もいます。




でも、コスパってなんとなく消去法で選ばれてる感じしませんか? コスパって強みなの?そう思う方もいると思います。




とはいえ、既に購入されたお客さんがいるわけなので、強みをうまく見つけられてないだけなんです。




で、『自社の強みがコスパだったら、どうPRするか」なんですが、これの例として「IKEA」をご紹介したいと思います。






IKEAは、家具を販売していますが、いい意味でコスパが良いと言えると思います。でも、ただ安いだけじゃない、選ばれている感じありますよね?



じゃあ、IKEAは何を強みにしているかというと、



「低価格」と「カッコよさ」



この2つにこだわっています。




コスパが良いですっていうより、「低価格」と「格好良さ」に徹底的にこだわってます、 って言ったほうが、ブランドとして、尖っている感じわかりますか?




要は、コスパは総称で形が丸いイメージ、強みを言いたい場合、コスパが形成されている要素を分解して、こだわり(サンカクのトンガリ△)に見せると良いってことです。




IKEAの場合、『低価格』と『カッコよさ』に徹底的にこだわっているから、



・郊外にある(電車で行けない/利便性は良くない)


・車で来てもらう


・接客しない


・お客さんに持って帰ってもらう


・お客さんに組み立ててもらう



というサービスを展開しています。『低価格』と『カッコよさ』にこだわるために他は捨てる ということです。これは一見デメリットのように見えますよね。でも逆に、差別化=行く要素にもなっているのが分かりますか?




『その日に買って、その日に持って帰って、自分で組み立てる楽しみ』という価値に変えることが出来ます。




他には、車で少し離れた場所に家具を買いに行く楽しみ接客されずに心ゆくまで選ぶ楽しみ、これってエンタメの要素も入ってますよね。



ということで、


自社の強みがコスパだったら、コスパが形成されている要素を分解して、こだわりに見せると良い



という話でした。



Masataka Koizumi

- 広告で笑い顔をつくってく -

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

プロデューサー | 小泉 将貴 公式サイト

© 2020 Masataka Koizumi. All rights reserved.

1-13-10-107, Utsukushigaoka, Yokohama Shi Aoba Ku, Kanagawa Ken, 225-0002, Japan