メディアのマネタイズ方法一覧

こんにちは、小泉です。先日、これからメディアを立ち上げたいという方にお会いして、マネタイズ方法についてご質問を受けたのでご回答したいと思います。



メディアは基本的に広告と販売で成り立っています。ただ、どちらかだけに依存するのも危険ですよね。そして、なるべく自社発信の企画で収益を確保していきたいと考えるのは誰しも同じだと思います。そこで、どんなメディアを立ち上げるのかにもよりますが、考えられるマネタイズをいったん書き出してみました。これ以外にもあると思いますが、いったん広げて考えてみるときの参考にしてもらえたら幸いです。




仮で何かしらのwebメディアを立ち上げる場合


≪クライアントからの広告案件≫ 

webサイトにバナー広告やタイアップで紹介

・タイアップ素材を二次使用してPOP、カタログ、webサイト、SNSで活用

webサイト制作、アプリ制作、映像・Youtubeチャンネルなどの制作・運用

・インフルエンサー起用したタイアップ、投稿

・インフルエンサーへのサンプリング(商品提供)

・コラボコーディネート

・コンテンツのうち数ページに広告を入れて増し刷り

・増し刷りを街頭サンプリング、カフェなどで設置

・会員に郵送する時にチラシ封入

・メルマガ内での広告掲載・配信

・消費者動向、マーケットリサーチ代行(アンケート業務など)

・新規事業進出サポート(海外や、新市場の場合)



≪販売収益・自社発信の企画≫

・編集して本として販売(定期購読、有料の書籍、フリーペーパーにして広告入れる など)

・自社イベントの企画、自社イベントへの協賛、自社イベントへのブース出店費

・読者へのセミナー開催→バックエンド商品の販売

POP UP による販売収益

・受注生産で読者にグッズ販売、もしくは現地で仕入れ→販売

・コンテンツ自体を有料にする(会員が購読)

webサイトに広告主が自社で記事を紹介できる権利をサブスクにする

Youtubeチャンネル広告収益



≪そのほか≫

発行者の方の講演業、執筆業



本日は以上です。読んでいただきありがとうございました。










Masataka Koizumi

- 広告を通して笑顔をつくる -

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

ネットメディアPR&スポンサー営業代行 | 小泉 将貴

© 2020 Masataka Koizumi. All rights reserved.

1-13-10-107, Utsukushigaoka, Yokohama Shi Aoba Ku, Kanagawa Ken, 225-0002, Japan