top of page

Google検索でホームページを1位にする方法 (SEO対策、検索上位設定)

株式会社エドカ 小泉です。今回は、「Google検索でホームページを1位にする方法」をご紹介させていただきます。


はじめに

SEO(検索エンジン最適化)は、ウェブサイトをGoogle検索結果で上位に表示させるための重要な手法ですが、多くの企業が時間と手間がかかるためにSEO対策を敬遠しています。


しかし、弊社をブログを通じて知ってくださった方からのお問い合わせは非常に多く、その中には超大手企業様からの問い合わせも含まれています。弊社の広報支援先でも、検索上位にランクインしている期間は問い合わせが約2倍に増加しており、SNSよりも、記事やホームページを拝見して問い合わせをいただくケースが多いです。


ブログの更新頻度を高めることで、記事が上位に表示されやすくなり、まとめサイトなどで紹介されるメリットもあります。SEO対策を適切に行うことで、長期的にビジネスの成長を実現できます。



SEOのメリット
  1. 長期的な効果:時間が経つにつれて効果が現れ、持続的にトラフィックを増やせます。

  2. 信頼性の向上:検索結果の上位に表示されることで、ユーザーからの信頼度が高まります。

  3. コストパフォーマンス:広告に比べてコストが低く、長期的には費用対効果が高いです。

  4. オーガニックなトラフィック:自然検索からの訪問者は質が高く、コンバージョン率も高いです。



SEO対策で決めること
  1. ターゲット:どんな人にお問い合わせをもらいたいかを明確にします。

  2. キーワード:ターゲットが検索するキーワードを選びます。

  3. アクションの設定:ユーザーにどんな行動をしてもらいたいかを決めます(例:お問い合わせフォームの送信、資料請求など)。

  4. ディスクリプションの設定:検索結果に表示される説明文を設定し、クリック率を高めます。



SEO対策の具体的な行動
  1. キーワードを入れた記事の制作:ブログやニュース記事などにキーワードを含めます。

  2. タイトルタグの最適化:キーワードを含めつつ、魅力的なタイトルを作成します。

  3. コンテンツの質を高める:有益な情報を提供し、長くサイトに滞在してもらいます。

  4. 内部リンクの強化:サイト内のページ同士をリンクでつなぎ、ナビゲーションを改善します。

  5. モバイルフレンドリーの対応:スマホやタブレットでも快適に閲覧できるようにします。

  6. ページ速度の改善:画像の最適化などでページの読み込み速度を上げます。

  7. 被リンクの獲得:他のサイトからのリンクを増やし、サイトの評価を高めます(例:取材記事、プレスリリース、SNSの活用)。



記事本数の目安

ホームページ自体を1位にするためには、以下の目安で記事を更新します。

  • 標準的なジャンル:1カ月最大10記事を4カ月間続ける。

  • ニッチなジャンル:更新頻度や本数は少なくても効果が期待できます。



最後に

今回は、「Google検索でホームページを1位にする方法」をご紹介させていただきました。いかがだったでしょうか?私は、「社会や人の役に立つ商品・サービスが、メディアや必要なの方に目に留まり、人に喜びを与える好循環を生み出したい」と考え、ブログを投稿しています。


無料オンライン相談実施中 

弊社では広報代行のプランに、ホームページやブログの監修も行っています。BtoB広報代行、スポンサー獲得支援にご興味のある企業様はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。1時間オンラインでご相談に乗らせていただきます。https://www.masatakakoizumi.com/contact


 

株式会社エドカ 実績 

・5年間スポンサーゼロ、掲載ゼロの会社がTV5社、新聞3社、Yahoo!ニュースで掲載。法人企業6社との新規取引に発展。

 

 ・売上減で窮地に立たされていた広告媒体(雑誌)が全国で完売。Amazonで品切れ、TVやネットニュースで話題になり、問い合わせによる新規スポンサー獲得に成功。3年連続広告売上げ増。


・無名から全国区に。3年で売上2倍(7億から14億) アーティストご用達のブランドに。

 

 ・手探りでマーケティングをしていた企業が、芸能系Youtube番組に出演、女優とも共演、有名ミュージシャンとコラボ。コロナ禍で急拡大中。

 

▼スポンサー獲得やBtoB 広報代行についてYouTubeで配信中 


 



留言


bottom of page