小さなスポーツチームが年間400万円のスポンサーを獲得する企画書の作り方



今日は、「小さなスポーツチームが年間400万円のスポンサーを獲得する企画書の作り方」このテーマで、ブログを始めたいと思います。



僕は、ファッション、スポーツ、音楽、店舗、地域、公共施設、海岸など、様々なイベントに企画やPRに携わった経験があります。規模的には、お店のオープンイベントにDJなどのキャスティングやケータリングをコーディネートする100人ぐらいものから、代々木公園や湘南の海岸、地域のフェスなどの5万人ほどの規模もあります。



独立後も、商業施設で開催している2万人規模のスポーツイベントの協賛、PR、運営サポートなどに関わっているので、スポンサーや広告主を獲得する参考にしていただけたらと思います。



一応、これまで15年広告業界にいて、年間12億ぐらいの広告案件に関わってきたので、これまでに30億ぐらいの広告企画のノウハウを培ったことになります。



まず、スポンサーを得るために、一番大切なのが、

『なぜやるか』と『企画書』です。


これはイベントの協賛だろうと、活動へのサポートや個人(アスリート等)だろうと、企画書の作り込みがあまいと決定に至りません。



あなたや、あなたの活動にお金を払うことで、『あなたの活動が1年後、2年後、3年後、こうなるかもしれないという期待感』『その活動のまわりにいる人たちが喜びに溢れている』ということを想像できるかどうか、が重要なポイントです。



逆に言えば、そう思ってもらうために逆算して企画書に落とし込むことを意識して下さいね。



そして、最も大事なことは・・・、

私たちのイベント・活動は、


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからはnoteに掲載しています。

(期間限定プレゼント有)


https://note.com/masatakakoizumi/n/n45dfeaba4ca4

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


本日もありがとうございました。



横浜市青葉区のPRプロデューサー 

小泉 将貴


・PR×SNS代行 ・営業代行 ・各種コーディネート