プレスリリースの届け方編(記者クラブを活用してメディア掲載する方法)





こんにちは、小泉です。今日は、プレスリリースの届け方編(記者クラブを活用してメディア掲載する方法)このテーマでお送りします。


本題の前に、あなたのビジネス、商品の認知が拡大されたら、どんなにいいことがあるか少し想像してもらえますか?今の苦労していることが、認知拡大によって、どう変わりそうでしょうか?



今回ご紹介する方法を学ぶことで、TV・新聞、ネットニュースなどでのメディア掲載という、SNSでの情報発信では決して得られない、第三者からのお墨付きを得ることが出来ます。それも無料です。お金をかけずに、です。



メディアでの掲載なんて、そんなことを自分が出来るのか、メディアとのつながりもないし、自分が掲載されるなんて無理じゃない?そう思っていませんか?



実はメディアとのつながりがなくても、ある方法を使えば、あなたでも、掲載されるチャンスがあるんです。広告ではないですよ!それは、「プレスリリース」という方法なんです。その方法を知って実践することでメディアに掲載されると、集客や営業の仕組み化にもつながるので、最後まで見て下さいね。



■自己紹介 

その前に、私のプレスリリースに関するプロフィールを簡単にご説明しますね。私は、企業のPRに携わっていまして、私が配信したプレスリリースは、Yahoo!ニュースやTV、新聞、ラジオ、ネットニュースなどに掲載されており、プレスリリースを通じて、企業のブランディングや売り上げに貢献しています。



では、本題に入ります。今回はプレスリリース入門編として、プレスリリースとは何か、プレスリリースを活用するメリット についてお話していきます。



■プレスリリースとは何か

一言で言うと、「こんなこと始めますと言う内容を1枚にまとめたもの」です。例えば、お店のオープン、新しいサービス・メニュー、コラボ、キャンペーンなどなど、新しい動きはすべて当てはまります。これをある方法で記者の方に渡すことで、ネタが良ければ取材される、掲載される という仕組みです。



メディアにも色々ありますが、TV、新聞、ラジオ、雑誌、ネットニュース こういったものに取り上げられる可能性がある ということです。



自分でできるだろうか、そう思いましたか?いえ、とても簡単です。いつ、どこで、だれが、何のために、何をするか、これを1枚にまとめれば良いのです。



プレスリリースをつくったとしても、メディアの記者の人とつながりがないです。という方、大丈夫です。その方法もお伝えします。



その前に、



■プレスリリースをするメリット 

これは僕の過去の例でご説明しますね。


僕は以前、ファッション誌の広告部に在籍していたのですが、広告の提案をしてもなかなか契約に至らなくて困っていました。毎日、展示会に行ったり、イベントに顔を出したり、無料で雑誌に掲載してあげたり。そこまでした上に、話を聞いてもらうためにアポイントをして時間をもらって、何とか料金を下げて広告をやっていただく、みたいな感じでした。



こんな状態で契約が決まってもリピートされないですし、もっともっとサービスが必要になってくるのでどんどん苦しくなりました。このまま続けていたら、売り上げが下がるのが目に見えてる そう思い、プレスリリースを始めました。



その時は、〇〇書店でプレゼントキャンペーンやりますこの号の表紙は〇〇が撮影した特別号です、といった内容でした。幸い、TVYahoo!ニュースも含め、様々なメディアに取り上げられました。



メディアに取り上げられることが度々続き、その後、新規で広告をやりたいという問い合わせが圧倒的に増えました。問い合わせをいただいた方は広告を実施するために連絡をしてきていますので、とても効率が良いです。 プレスリリースは「問い合わせ営業=営業しない営業」の仕組み化を実現することが出来ます。



■記者とつながりがない人がプレスリリースを記者に渡す方法

では、最後に、記者とつながりがない人はどうしたら良いか、お話していきます。それは、記者クラブという場所を利用することで解決できます。


記者クラブとは何かというと、県庁や市役所の中にある、新聞社・TV局の記者の方用の部屋 という感じです。例えば、神奈川県だと、県庁 や、市役所、横浜商工会議所の隣りにあります。だいたい10数社のメディアが在籍しており、そこにプレスリリースを持っていくだけです。


自分のお住まいの県庁や市役所に電話し、記者クラブの場所を教えて下さい、と代表に電話すれば教えてくれます。郵送で送れるのか、それとも持参するのか、その場所によるので確認してみて下さい。

ちなみに神奈川県庁の記者クラブも、横浜商工会議所の記者クラブの場合もプレスリリースを15部出力する必要があります。



■横浜商工会議所の記者クラブに在籍しているメディア 13

朝日新聞

産経新聞社

東京新聞

日本放送協会

R.F.ラジオ日本


神奈川新聞社

時事通信社

日刊工業新聞社

毎日新聞社


共同通信社

テレビ神奈川

日本経済新聞社

読売新聞



いかがでしたか?これなら、プレスリリースさえつくれば、あなたも出来そうではないですか?ということで、今日はプレスリリースの届け方編(記者クラブを活用してメディア掲載する方法)についてお話しました。



現在PR代行の仕事をさせていただいてますが、さらに多くの企業さんのお手伝いもしていきたいと思っております。そこで、ブログを見てくれている方限定で、モニター価格でPR代行をさせていだく募集もしてみようかと思っています。今後アシスタントも入れて、業務を拡大していきたいと思っております。


PRやったことないけどやってみたい、そういう機会があれば相談したいという方は、是非今後のブログもチェックして下さいませ☆



では、本日もありがとうございました。


無料相談お受けします。Contact より、お気軽にお問い合わせ下さい。


小泉 将貴 プロフィール

広告とPRの掛け合わせで認知・売上を増やすPRパートナー


実績:3年で7億から14億の売上げ拡大に貢献。TV、新聞、Yahoo!で掲載、コラボ企画、広告、クリエイティブ制作  お取引:バンダイ様、ADK様、小田急様など



これまでの実績=======

・広告代理店、出版社(ファッション誌)にて1,500社のプロモーションに携わる

・担当ブランドのメディア露出3倍、3年で売り上げ2倍(7億⇒14億)

・メディア露出ゼロの企業が年間50メディアで掲載

・担当ブランドのプレスリリース 10回のうち2回がYahoo!に掲載

・大手電鉄系 商業施設でイベントプロデュース

・2万人規模のイベント運営サポート(協賛&PR

・百貨店海外店舗のweb運営サポート

・売上高30億企業のブランドコンサルティング



ファッション&スポーツの広告・出版業界15年で培った、ブランドや著名人、広告代理店やメディアとのコネクション、ブランド構築の実績を強みに、クライアントの認知度・売上げ拡大のための広告代理業、PRをしています。


PR担当実績として、露出ゼロの企業がTV番組の特番獲得、全国紙新聞2P紹介、ネットメディアやタウン誌など20以上で掲載。認知度と信頼を増やしたことで、コラボ依頼、スポンサー獲得、行政の後援、取引先の新規獲得、売上げ拡大に繋がり成功しています。