Yahoo! に掲載される方法、掲載される683メディア紹介

今日は、Yahoo!ニュースに掲載される方法と、Yahoo!掲載につながる683メディアをご紹介したいと思います。


弊社のYahoo!掲載の実績

弊社で作成したプレスリリースは、3回に1回の確率でYahoo!に取り上げられています。中には、1回のプレスリリースで3回もYahoo!に取り上げられたクライアントさんもいます。





※弊社の掲載実績(抜粋)



Yahoo!に掲載される とは

ここでいうYahoo!掲載とは、Yahoo!ニュースの中の、エンタメ、スポーツ、経済、地域、ライフ などのカテゴリーでの掲載のことです。



Yahoo!に取り上げられる仕組み

非常に簡単です。Yahoo!は、他のニュースサイトの記事を集めたキュレーションサイト(記事を寄せ集めているサイト)なので、その大元で掲載されれば良いという話です。



Yahoo!に記事を提供している「683のメディア」

※683メディア(2022年4月22日時点)



下記のgoogleフォルダからダウンロードして下さい☆


https://docs.google.com/spreadsheets/d/1m-kTedSqHk7vfql4e2d_d4WMjLCzEqn7/edit?usp=sharing&ouid=116433830079455355025&rtpof=true&sd=true


要はここで掲載されればYahoo!に掲載されるということです

※100%ではなく、あくまで高確率です。



例えば、

地域カテゴリーだったら ⇒ みんなの経済新聞 https://minkei.net/list.html

ITカテゴリーだったら ⇒ ITメディア ニュース https://www.itmedia.co.jp/news/

音楽カテゴリーだったら ⇒ ローリングストーンジャパン https://rollingstonejapan.com/

アクションスポーツ系だったら ⇒ FINE PLAY https://fineplay.me/

宇宙系だったら ⇒ sorae https://sorae.info/


といった感じです。




どうやったら提供元に掲載されるか

方法は2つあります。


1つはメディアに直接メールベースで送る方法です。サイトをチェックすると、「プレスリリース提供先はコチラ」などの問い合わせ窓口があります。そこに直接送ります。

※既にそのメディアの記者と知り合いであれば記者に直接送ります



もう1つは、PR TIMESなどのプレスリリース配信サイトで、該当するメディアも含めて配信するという方法です。


僕は、この2つの方法を使い分けてプレスリリースを配信しています。まだ、Yahoo!に掲載されたことがなければ、是非試してくださいね!



今日は、Yahoo!に掲載される方法でした。




オンライン相談承っています。 

現在、スポンサー事業やPRに関する、オンライン相談を承っています。youtubeやSNSなどで相談模様の写真、映像を公開しても良い方は、無料で相談に乗らせていただきます。お問合せページより、ご連絡下さい。 zoom相談後、3週間でTV、新聞に取材された方(モータースポーツ選手 上原政人さん↓)もいます。






プレスリリースとは何か 

僕の動画でご紹介しています(音声)





株式会社エドカ 実績

①掲載ゼロ・社員1名の会社がTV5社、新聞3社、ラジオ3社、Yahoo!などネットニュース20メディアで掲載。アニメとのコラボ、行政との取り組み、法人企業6社との新規取引に発展。


②無名から全国区に。3年で売上2倍(7億から14億) アーティストご用達のブランドに。


③手探りでマーケティングをしていた企業が、芸能系Youtube番組に出演、女優とも共演、有名ミュージシャンとコラボ。コロナ禍で急拡大中。


④売上減で窮地に立たされていた商品が全国で完売。Amazonで品切れ、20倍の価格に高騰。TVやネットニュースで話題になり、法人取引の新規問い合わせが急増。



代表取締役 小泉将貴 SNS 

linktr.ee/masataka1717

https://www.facebook.com/masatakakoizumi2020/

https://www.youtube.com/channel/UCYIF1NlLtiIUSfhv-DFKuKg