top of page

初監督作の短編映画『しぬまで』YouTube公開

2022年3月末に完成し、5月に上映を行った自主制作短編映画『しぬまで』本編とメイキング映像をYouTubeにて公開いたしました。

『隣同士に住む若者と高齢者』を題材に、コロナ禍で撮影した私の初監督作品です。


タイトル『しぬまで』には、いつ身近な人や自分自身が死んでしまうか分からないからこそ、『一度きりの人生、死ぬまでに夢を叶えよう』というメッセージを込めています。




作品のテーマは『価値観の融合』。コロナ禍で自宅でリモートする方も増え、生活する上で隣人トラブルは多くの方にとって身近な関心事である感じ、かつて私自身が悩まされていた、『隣人トラブル』『ベランダで喫煙する隣人の高齢者』を作品の題材にしました。



マンションの隣り同士に住む喫煙者と非喫煙者の物語です。喫煙者と非喫煙者、おじいちゃんと若者という世代や価値観が違う2人に、お互いが知らない共通の夢があり、そのために手を組み目標を達成しようとする、『共存の世界』を描きたいと考え形にしました。



下記内容にて、プレスリリースを配信しましたのでご覧ください。


7/5 コロナ禍を契機に撮影の短編映画『しぬまで』YouTube公開開始。

パラレルキャリアの時代 一度きりの人生「しぬまで」に夢を叶えてほしい



短編映画「しぬまで」本編





メイキング映像



株式会社エドカ 実績

PR代行のご相談をご希望される企業様はお問合せよりご連絡ください。



①掲載ゼロ・社員1名の会社がTV5社、新聞3社、ラジオ3社、Yahoo!などネットニュース20メディアで掲載。アニメとのコラボ、行政との取り組み、法人企業6社との新規取引に発展。


②無名から全国区に。3年で売上2倍(7億から14億) アーティストご用達のブランドに。


③手探りでマーケティングをしていた企業が、芸能系Youtube番組に出演、女優とも共演、有名ミュージシャンとコラボ。コロナ禍で急拡大中。


④売上減で窮地に立たされていた商品が全国で完売。Amazonで品切れ、20倍の価格に高騰。TVやネットニュースで話題になり、法人取引の新規問い合わせが急増。



Commentaires


bottom of page