WHY

「仕事は楽しい」を伝えたい。

初めまして、小泉と申します。わざわざ、このホームページを見て下さって、ありがとうございます。

​​

 

僕は小さい頃から人見知りで赤面症でした。また、体にアザがあり見られると恥ずかしいので体を隠していました。人前に出ると顔が赤くなるので目立つことを避けていました。国語の時間は顔が真っ赤になり、教科書を読む声が裏返り、まわりから笑われていました。

そんな僕も大学を卒業し、就職活動をしたものの100社受けても内定ゼロ、このままフリーターになるわけにいかないと地元の美容院に就職。しかし、美容の仕事は全く向いてませんでした。毎日怒られて、お客さまにもご迷惑をかけて。どうせ他に何をやっても無駄、と諦めていました。

しかし、ダメもとでもいいから、就職活動の時に入れなかった、広告の世界に挑戦したい、そう思い広告の世界に入ったのです。

​​

広告の世界は、目立つこと、人と違うことが求められる世界でした。目立っていい、人と違っていいんだ。俺は人の役に立てる人間なん、初めて自分の居場所を見つけました。

 

 

そこから著名ブランドのプロモーションや、ファッション雑誌を発行する出版社などで働き、かれこれ15年、その後独立し現在に至ります。

私は、過去の自分と同じように、「できない」「不得意」がある人ほど、それと同時に「誰よりもできること」「誰よりも得意なこと」が必ずあると信じています。

私は、一度既定のレールから外れた兄や、仕事が性に合ってない父が苦労している背中を見てきました。また、大学の時、金髪でロン毛、日焼けしてキラキラした先輩のサーファーが、就職する際に、黒髪になり短髪になった姿を見て、「なぜキラキラしていた人が仕事をする上で輝きや個性を失わなくてはいけないのか」「なぜ一律でみんなと同じになる必要があるのか」、この世の中はおかしい、そう感じていました。

『誰もがキラキラしている世界をつくりたい』、そんな想いを持って今日も仕事をしています。

IMG_9081.JPG

「人見知りだけど人が好き」ピンバッジ。2021年4月にオリジナルで制作しました。同じような考え方を持つ人と楽しく繋がれたらと思っています。よろしくお願い致します。